トップページ | 2005年9月 »

2005年8月31日 (水)

ヴォイストレーニングの快感{RETROSPECTIVE COMMOHEDGE 5}

 人の声は美しい。男声合唱を経験してわかった。女声も美しいのだろうけれど、混声合唱を経験した後でもやっぱり男声がいい、などと思ってしまう。
 合唱に興味があった訳でもなかったが、誘われて大学のグリークラブ(男声合唱団)に入った。練習は昼休みに毎日、さらに週3日は夕方からもあった。たいていヴォイストレーニング(発声練習)から始まる。それが私はけっこう気に入っていた。
 声を出すのが気持ちよかったのである。体が共鳴している感覚が好きだった。夕方からの練習では、ヴォイストレーナーの先生をお招きして、一人一人かなり本格的に指導していただいた。何も経験がないところから始めて、声がだんだん響くようになると、ヴォイストレーニングが楽しくなった。
 よい声、響く声を出すためには体を鍛えるようにと(主に先輩から)指導されたのは意外だった。それをまじめに受けとって、腕立て伏せをけっこうやった。運動ばかりでなく、声楽でも体が資本なのである。基本的には体が大きなほうが、響く声が出せる。ただ、それが筋肉質の体でなければならないかどうかは別問題であるが(声のためには、食べ過ぎて太ったのだって、やせているよりは有利だ)。
 より響く声を出すために「軟口蓋をもっと上げろ」が合い言葉だった。よく響く声でハモること、それが目標の1つであり、グリーメンにとって大きな充実感の源だった。純粋かつ単純であった。あのころが今、なつかしい。
 コメントをどうぞ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手描き文字絵の「アハ!」体験

 ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンでは、Mahlerと書いてマーラーの似顔絵が、Chopinと書いてショパンの似顔絵が描けているんですよ、と説明すると多くの人が驚いた。これは、茂木健一郎先生の紹介されている「アハ!」体験の一種であると思う。単なる線画のイラストと見えていた顔が、実はその人物のつづり字から出来ているということは、ふつうはあり得ない。文字は本来、その文字線自体に意味をもたせて使うものではない。その常識がひっくり返されるから、「アハ!」と感じるのであろう。
 しかし、手描き文字絵に隠されたつづり字を理解することは単なる「アハ!」体験ではないとも思う。というのは、手描き文字絵は(上出来なものであれば)普通の線画のイラストと見えるからである。このレベルで、例えばこれはMahlerの絵だと表面上の理解だけで終わるならば、「アハ!」体験は生じようもない。
 茂木健一郎先生がテレビの「世界一受けたい授業」で出されていた例は、何が描かれているかわからない白黒の絵に実は犬が隠れていました、という類いのものであった。これは例えば、ある部分が犬の頭部だとひらめくことによって、全体の絵柄が一気に把握されるというものである。しかし、手描き文字絵のつづり字をたどるのは、そういう認知によるのではない。絵に「文字」を読むことになるのである。この際、脳にどのようなことが生じているのであろうか?  活性化するのはイメージを処理する領野か、それとも言語を司る領野か。これはたぶん最近の脳画像技術ならば明らかにできることであろう。
 いずれにせよ、手描き文字絵が「アハ!」体験とどういう関係にあるのかという問題を頭の片隅にとどめておき、折をみてまた考えてみたい。

 コメントをどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月30日 (火)

ああ、忙しい。作曲できん!

パーツ復元クイズ : マーラー編
mahler083005の答えです。コメントをどうぞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月29日 (月)

興福寺北円堂の無著・世親像 {RETROSPECTIVE COMMOHEDGE 4}

 言葉もない。すごすぎる。それなのに、のどかだ......。興福寺の北円堂を初めて訪れたとき、そんなふうに感じた。
 国宝である運慶作の無著・世親菩薩立像がそこにおわしますことは、まったく知らなかった。順路と思って、たぶん国宝館から北円堂に向かったのだと思う。そして、忘れ得ぬ出会い。無著が兄で世親が弟(兄弟にしては似てないな)。二人のリアルさ。木肌があらわであるにもかかわらず、本当にこんな人がいそうだな、とつい思ってしまうその圧倒的表現力(といっても、二人ともインドの人なので、日本人のように見えるのは本当はおかしいのだが)。こんなのを作るのは、ほとんど人間わざではないと思って、見入ってしまった。もう二十何年か前の話だ。
 その日は春の一日でぽかぽかしており、お堂の回りには草が生い茂り、石壇にはなぜかカマキリがよじ上って、うろうろしていた。「おい、カマキリ君、きみも精が出るねえ」と声をかけたいくらいだった。「でも、ありがたい仏様なんて、てんで眼中にないんだろうね!」
 今、この二尊が「興福寺国宝展」で仙台を回っておられる。またいつか、奈良でお二方にお目にかかりたい。無著・世親はやはり北円堂に限ると思う(弥勒如来様、ごめんなさい。お弟子さん方のことばかリ話題にしてしまいまして......)。
 行かれる方へ: 今年は秋に特別開扉があるそうです(10/29から11/13)。
 コメントをどうぞ

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パーツ復元クイズ : マーラー編

「このままでは指揮ができん。     コメントをどうぞ
もとに戻してくれ!mahler082905



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月28日 (日)

ヘンデルです。よろしく!

パーツ復元クイズ : ヘンデル編の答えです。


handel082805 コメントをどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロンドンのファン・エイク {RETROSPECTIVE COMMOHEDGE 3}

 トラファルガー広場に面したロンドンのナショナル・ギャラリーで見た絵の1枚が、けさ、NHKの「新日曜美術館」取り上げられていた。
 ヤン・ファン・エイクの「アルノルフィニ夫妻の肖像」である。学生時代に最初にこの絵を見たとき印象に残ったことは確かである。絵はがきを買った。しかし、そのとき説明のパネルを読んだとは思うが、何のことについて描かれた絵なのか頭に入らなかったし、この絵がとりわけ気に入ったというわけでもなかった。正直に言うと、冷たそうな顔の男がいて、女性のおなかが膨らんだ変な絵、そんなふうに感じたような気がする。
 けさの説明では、この絵は「結婚の秘跡」を示したものとのことであった。イコノロジー(図像解釈学)の提唱者として有名なエルヴィン・パノフスキーが1953年にそういう説を唱えて、それまで説明できなかった絵柄を統一的に解釈したそうだ(例えば、脱いだくつ、女性の足下の犬などによって)。
 おなかが膨らんでいるのは当時の単なるファッションだそうである。知らないととんでもない誤解をしてしまうことがある、というよい例であろう。
 その他にも、この絵は視線が3点に収斂しているという東京芸術大学の先生の新しい見方も紹介されていておもしろかった。今晩、8時から再放送があると思うので、興味のある方はどうぞ。
 コメントをどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月27日 (土)

アンサンブル・タッシ/世の終わりのための四重奏曲 {RETROSPECTIVE COMMOHEDGE 2}

 アンサンブル・タッシの「世の終わりのための四重奏曲 」(メシアン)の演奏を聴いたのは、東京池袋の西武デパート、12階の西武美術館においてであったような気がするが、定かではない。パイプ椅子を並べた、にわかごしらえの演奏会場だった。武満徹の企画した「今日の音楽(ミュージック・トゥディ)」の'70年代終わりごろの演奏会だったかな...。どこかにパンフが残っているように思うけれど、おぼろげな記憶に頼って書いているので、データが間違っていたら、ごめんなさい。
 「世の終わりのための四重奏曲 」は、メシアンが第2次大戦中、ドイツ軍の捕虜だった時に作曲され、収容所の中で初演されたという。タッシはこの曲を演奏するために結成されたとのこと。
 ピーター・ゼルキン(ピアノ)、リチャード・ストルツマン(クラリネット)、アイダ・カヴァフィアン(バイオリン)、フレッド・シェリー(チェロ)というタッシの4人のうち、最初の3人は印象に残っている。特に最初の2人は演奏していたときの、表情や体の動かしかたまで覚えている。リチャード・ストルツマンは体全体で表現していた。確か自由席だったので、いちばん前の席で聴いていたと思う。
 すごい熱演だった。圧倒的な迫力だった。特に、ストルツマン。こりゃあ、レコードとほとんどそっくりじゃないか、というのが正直な印象だった。お手並み拝見いたしました、という満足感というか充足感というか....。その日の演奏を、すべてを汲み尽くしてしまったような、という趣旨の言葉で評していた人がいた。その批評の正確な言い回しは忘れたけれども、確かにそんな演奏だったように感じた。
 音楽を聴いて、ただただ心から感動するということは少ない。この日の演奏もすばらしかったけれども、感動したというのとは違う。でも、確かに満たされて会場を後にしたのだった(タッシというのはチベット語かなにかで、「幸福」という意味だったように思う)。
 コメントをどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Tanglewood, August, 1976 {RETROSPECTIVE COMMOHEDGE 1}

 Tanglewood (タングルウッド)にはようやくたどりついた。いちばん近いグレイハウンドのバス停から森の中の舗装された道路を歩くこと数キロ(だったと思う)。ボストンのデポでそこへの行き方を尋ね、バス停からかなり歩くことは聞いていた(と思う)。バスを降りて歩き始めて、右か左か、どちらなのか迷ったこともあった(ような気がする)。そんなこんなで、心細い道をとぼとぼ歩いて、ようやくたどり着いたクーセヴィツキー・シェッド。ちょうど、いまごろの季節だった。
 ところが、なんとバッハの「マタイ受難曲」は終わりがけであった。せいぜい最後の20分か30分が聴けただけだったように記憶している。雲はちらほら漂っていたものの、空は青くて天気はよかった。まわりの芝生には人がごろごろ横たわり(これが、受難曲を聴く態度?)、鳥はさえずり(音楽にはじゃまと感じた)、小澤征爾指揮するボストン交響楽団と合唱団は、はるか彼方に小さく見える。音はよく聞こえてこない。一言でいえば、私のTanglewood体験はトホホであった。
 夏の避暑地でなぜ「マタイ受難曲」なのか、その理由はパンフレットか何かで読んだかもしれないが、今は忘れてしまった。アメリカ建国200年祭と関係があったのかもしれない。何せアメリカは、宗教的理念で建国された国だから。
 教訓 : 旅行者としてツアー以外でタングルウッド音楽祭を訪れるのなら、タクシーないしレンタカーをお薦めします。
 コメントをどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パーツ復元クイズ : ヘンデル編

082「だれだ!  ワシの顔をばらばらにしたの  は?  そこの君、助けてくれんか。」
 
 コメントをどうぞ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年8月26日 (金)

ピアノの魔術師、リスト

liszt082605 ショパンの相方のLiszt、それがきのうのクイズの答です。ピティナの「ショパン物語」にリストとショパンの関係が、漫画付きで紹介されています。
 この文字絵では、点が
目、棒が四分休符と、「i 」のストロークが別れているのがミソです。
 人気の点でショパンに比べて今一歩というところですが、
リストは晩年に無調音楽にまで踏み込もうとしていました。作曲家としての側面を見直されてよい人だと思います。
 コメントをどうぞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月25日 (木)

隠れて引っ掻くうちのネコ

 名前は、ミーサー。6年前、畑で拾いました。「ワールド狂暴ネコ」コンテストがあれば、上位に食い込むこと間違いなし。ただし、「臆病ネコ」部門ですが......。 
 狂暴だけど臆病、臆病だけど狂暴、そんな茶トラ白です。今日も足を引っ掻かれました。そういうときは、たいてい隠れていて、突然引っ掻いてから、一目散に逃げていきます。これがまた、けっこうイケメンなんです。でも、神経伝達物質のレギュレーションに生まれつき問題があってかわいそうです(と思わないとやっていられません)。
 拾ったときは生まれたばかりで、ハムスターより小さかったんですけど......。哺乳瓶を前脚でかかえて、後ろ脚でキックしながらミルクを飲んでいました。そんなネコって、いますか? 
 ところで、ミーサーより危険でない、かわいい文字絵の子ネコを、近いうちにアップしたいと思います。
 コメントをどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

作曲家文字絵クイズ

     私は誰でしょう?     コメントをどうぞ liszt08300

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月24日 (水)

ショパンの音符

 Chopinのパーツです。今までにご紹介したBeethoven, Mozart,
Haydn とは違う点があります。それは、顔と音符に分かれてい
ることです。ここに出てき082405た音符のようなものを、ひとまず私
アトリビュート(持物)と呼んでいます。
 アトリビュートというのは美術用語で、特定の人物や神が描かれていることを示す約束事です。多くの場合それが、その人なり神なりの持っている物で示されるわけです。例えば、ゼウスなら雷という具合です。
 Chopinの場合は、oとpを八分音符(に近いもの)に見立てています。
 コメントをどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆こもへじコラム(1) ◆ 28億円のブランクーシと文字絵 (1)

 《こんなふうに、たまに何の脈絡もなく、気ままに「こもへじコラム」が出現することがありますので、興味のない方はパスしてください。》
 コンスタンティン・ブランクーシは抽象彫刻のパイオニアです。助手にならないかというロダンの誘いを断りました。今年のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンが終わったすぐ後の5月4日、この人の作品「空間の鳥」がニューヨークで開催された競売大手クリスティーズのオークションで、2745万ドル(約28億円)で落札され、同オークションハウスの彫刻部門での落札価格の最高記録が塗り替えられたそうです。ロダンに比べて知名度は低いと思いますが、抽象彫刻というジャンルを立ち上げたという意味で、すごい人だと思います。
 ここにそのブランクーシのカタログが2冊あります。ぎゃるりー・ところという画廊で1977年と1985年に開かれたブランクーシ展のものです。1977年のブランクーシ展(わが国初のブランクーシ展)に出ていたのは、「眠れるミューズ」、「若い男のトルソ」、「子供の頭部」、それに「おんどり」といういずれもブロンズの作品でした。初めてこの4点の作品に触れたとき(といっても、触ったわけではなくて、近づいてしげしげと見ただけですが)、これはとてもとてもおもしろいと思いました。特に「おんどり」が気に入りました。私はそれ以来のブランクーシファンです。みなさんも、今度ブランクーシという名を聞いたらたら、耳をそばだててみてください。
 で、なぜこんなことを書いたかというと、このブランクーシの彫刻と文字絵は、とても対照的な在り方を示しているのではないかという気がするからです。そういう直感を、これから何回かにわたってご説明できれば、と思っております(この件について続きを書くのがいつになるか、定かではありませんが)。
 コメントをどうぞ

http://mojieken.cocolog-wbs.com/ld/2005/08/25_96ab.html#comments

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年8月23日 (火)

楽しそうなChopin

 ピアノの詩人ショパンは短命で、40歳にならないうちに亡くなりました。chopin08300
祖国ポーランドも独立を維持できませんでした。恋多き人でもありました
が、結局だれともうまくいかなかったようです。なんやかやで、ショパン
にはどことなくはかなさがただよっています。そんなところが日本人の感
性に合うのでしょう。
 でも今日は、にこやかなショパンをご紹介しましょう。「小犬のワルツ」
を楽しそうに演奏しているショパンです。
 コメントをどうぞ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月22日 (月)

「こもへじ」です。はじめまして。

 「こもへじ」は「子もへじ」。このブログのマスコットです。好奇心が強くて納得するまで承知しない、でもわかるとにっこりする、そんなイメージのキャラクターです。
 コメントをどうぞ

082205

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月21日 (日)

どうなの? リトミック

 リトミックのasami先生には、ラ・フォル・ジュルネで「作曲家文字絵」にたいへん興味を持っていただきました。リトミックでは、絵描き歌も楽しむそうです。文字絵と絵かき歌って、親子なのか兄弟なのか、それともいとこなのか、とにかく近い関係であることは確かです。
 私こもへじも、先日プテラノドンとトリケラトプスの文字絵を作り、それに曲を付けました。「空のプテラノドン」と「のっそりトリケラトプス」という曲で、2曲とも20秒ちょっとです。それでいて、かなり様になった恐竜が描けます(正確には、プテラノドンは恐竜ではありませんが)。
 この恐竜文字絵については、折をみてまた触れたいと思います。ちなみに、他にティラノサウルスとフクイラプトル(福井県で発見され、全身骨格が復元された肉食恐竜)の文字絵が作ってあります。
 コメントをどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パパっとHaydn

5文字で5秒! 早くて「びっくり」、「時計」要らず!
 コメントをどうぞ
haydn082105

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第三の男、ハイドン

 ベートーベン、モーツァルトとくれば、次はハイド
です。これで、ウィーン古典派の三人がそろいます。
ハイドンは5文字で、いちばん早く描けます。
 コメントをどうぞ

haydn08300

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ラ・フォル・ジュルネって何?

 4月29日から5月1日を中心にラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭が初めて開催され、東京国際フォーラムには30万人以上の人が訪れました(写真をクリックして下さい)。
 1995年からフランスのナントで始まったクラシック音楽祭、それがラ・フォル・ジュルネです。朝から晩まで連日連夜、数多くのコンサートやリサイタルが続きます。1回の演奏会は1時間足らずで、チケットが安い。それでみんな、あちこちはしごする。クラシック界の常識を破っています。2000年からはポルトガルのリスボン、2002年からはスペインのビルバオでも開かれ、いずれも大成功。その音楽祭が今年、日本に上陸しました。
 創設者のルネ・マルタン氏は子供たちに気軽にクラシック音楽を楽しんでもらいたい、将来の聴衆を育てたいという思いでこの音楽祭を始められたとのことです。
 そして今年、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンで、世界初の「作曲家文字絵ワークショップ」があったのです!!  (続きは、いずれまた......。)
 コメントをどうぞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひとみを最後に、Mzarto

mozart082105
   Mが髪、oがひとみ、zが鼻、aが目の
  ふち、rが口、Tがあごと首のラインで
  す。つづりの順番を少し変えて、Mzarto
      と描いてみましょう。ずいぶん描きやすくなります。画竜点睛という言葉がありますよね。ひとみの入り具合で、表情が変わります。Mozartは6文字で、Beethovenより早く描けます。6、7秒というところでしょうか。
 コメントをどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月20日 (土)

来年の顔、Mozart

 来年は、モーツァルト生誕250周年の記mozart08300念すべき年。2006年のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンでフィーチャーされるのもモーツァルト。ということで、ベートーベンの次はMozartです。モーツァルトの肖像画としてもっとも有名なランゲの絵をイメージして描いてみました。 どの文字が顔のどこのパーツになっているか、わかりますよね。この文字絵は、それがとてもわかりやすいです。

 コメントをどうぞ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年8月19日 (金)

Beethoven を分解すると......

こうなります。  コメントをどうぞ 7

6

5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少し大きな Beethoven

 友人から、ベートーベンが小さくてよくわからないと
いう指摘がありましたので、大きくしてアップします
(ちなみに、最初のはバッジのデザインでした)。
これは目を閉じているバージョンです。 beethover08300 
コメントをどうぞ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

作曲家文字絵ベートーベン

 きのうの文字絵はBeethovenでした。まず、筆記体の小文字のb。これは、上へ向かう線が閉じられた目、折り返して下へ向かう線が鼻です。次に、eeは髪の毛、tは口とあご、hはえり飾りです。顔から離して、oとvを音符に見立てます。最後にenは後ろ髪です。
  こんなふうに、へのへのもへじ感覚で描けるアルファベットの作曲家の顔、それが作曲家文字絵シリーズです。慣れれば、9文字のベートーベンなら、10秒以内に描けるようになります。
 コメントをどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月18日 (木)

へのへのもへじが描けるのは何人?

 いつ、誰に教わったんだろう? 誰に教わったかは忘れたけれど、確かに描ける「へのへのもへじ」。そんな人は多いですよね、日本人には。あの誰もが知っているひらがなの顔は、考えてみれば不思議です。いつ誰が作ったのかもわからない。各地を旅したときに土地の人に尋ねて、起源を調べようとした方もいらっしゃいます(「へへののもへじ百面相」の著者、田村市太郎先生)。
 何人くらいの日本人がこの顔を知っていて、これを描けるのだろう。たぶん6000万人、いや7000万人? 統計はとりようもないけれど、少なくとも国民の半分くらいは知っていそうです。学校で描くと落書きするなと虐げられるのに、何なんだ、この「へのへのもへじ」の生命力は!! みんな、このことにもっと驚こうよ!! というのが、このブログの趣旨です。
 それと、昔からある文字絵から学べることを学び、その原理で文字絵を作って楽しもう! それを世界に広めよう! というのがもう1つ。
 ここで、話は、ワープします。今年のゴールデンウィーク中に開催された音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」(東京国際フォーラム)の作曲家文字絵ワークショップにきてくださった多くの方々、どうもありがとうございました。「こりゃあ、もしかしたらほんとに世界に広まるかもしれないぞ! 」と自信がつきました。海外の報道陣も興味をもったその作曲家文字絵を、これから順に紹介していきます。まず最初は今年の主役だったベートーベン。これはアルファベットで描かれた顔です。解説は、また後日。  コメントをどうぞ

__081805

| | コメント (4) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年9月 »