« Beethoven を分解すると...... | トップページ | ひとみを最後に、Mzarto »

2005年8月20日 (土)

来年の顔、Mozart

 来年は、モーツァルト生誕250周年の記mozart08300念すべき年。2006年のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンでフィーチャーされるのもモーツァルト。ということで、ベートーベンの次はMozartです。モーツァルトの肖像画としてもっとも有名なランゲの絵をイメージして描いてみました。 どの文字が顔のどこのパーツになっているか、わかりますよね。この文字絵は、それがとてもわかりやすいです。

 コメントをどうぞ

|

« Beethoven を分解すると...... | トップページ | ひとみを最後に、Mzarto »

コメント

コメントありがとうございました。「文字絵」素敵ですね。クラシックのコンピレーション・アルバムのジャケットにピッタリだと思います。今発売されているものは「100」とか「101」とかジャケットが…。いろんなレーベルへ売り込めば採用するところがあるのではないでしょうか。

投稿: K_小原 | 2005年8月24日 (水) 00時01分

 K.小原さん、こんにちは。書き込みとおほめの言葉、ありがとうございます。
 はい、折りをみて、売り込んでみようと思っています。東芝EMIのベスト・クラシック100ですね。いろんなところに、いろんな形で使ってもらえたらうれしいです。

投稿: こもへじ | 2005年8月24日 (水) 09時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131182/5543918

この記事へのトラックバック一覧です: 来年の顔、Mozart:

» 達人アマデウスの肖像 [Wein, Weib und Gesang]
モーツァルトの新しい肖像画が、ベルリンの絵画ギャラリーで先日公表された。天才作曲家を破天荒に描いた映画「アマデウス」のディオニソス的側面を補填するというが、どうだろうか。 ヨハン・ゲオルク・エドリンガーによって1790年の作曲家最後のミュンヘン滞在中に描かれたという。それが今回ボローニャにある無名の写し絵とコンピューター照合されて発表となった。確かに我々が知っているヨゼフ・ランゲの未完成の絵は多くの夢想... [続きを読む]

受信: 2005年9月 2日 (金) 04時48分

« Beethoven を分解すると...... | トップページ | ひとみを最後に、Mzarto »