« のだめカンタービレ 第1巻〜第3巻 | トップページ | のだめカンタービレ 第6巻〜第8巻 »

2005年9月27日 (火)

のだめカンタービレ 第4巻、第5巻

 きのうに引き続き、「のだめカンタービレ」の第4巻と第5巻の感想を少々。
 ・「みそ字」のフォント、素敵デス。
 ・意味は違うけれど、リアルのだめはリアルHaydnと同じ表現だ。
 ・「カナヅチ」の気持ちは「カナヅチ」にしかわからない。
 ・オランウータンの「のだめ」で、宇佐美圭司を連想した。
 ・Sオケのマングースからホタルの墓への落差がいい(第5巻)。

  コメントをどうぞ 

|

« のだめカンタービレ 第1巻〜第3巻 | トップページ | のだめカンタービレ 第6巻〜第8巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131182/6156965

この記事へのトラックバック一覧です: のだめカンタービレ 第4巻、第5巻:

« のだめカンタービレ 第1巻〜第3巻 | トップページ | のだめカンタービレ 第6巻〜第8巻 »