« ハイドン三体: こうも描ける、ああも描ける | トップページ | ボストン・レッドソックス対セントルイス・カーディナルス {RETROSPECTIVE COMMOHEDGE 10} »

2005年9月19日 (月)

チェリストならば、ナヴァラ! {RETROSPECTIVE COMMOHEDGE 9}

 チェリストならは、アンドレ・ナヴァラ!  得物かかえてさっと登場、演奏済んだらささっと退場。'70年代、都市センター。演目、バッハの無伴奏。 朗々たるかな、その音色。
 こちらの感動をよそに、為すべきことを為して「はい、さようなら」。このチェロの巨匠は大リーガーに近かったのかもしれない。
 コメントをどうぞ

|

« ハイドン三体: こうも描ける、ああも描ける | トップページ | ボストン・レッドソックス対セントルイス・カーディナルス {RETROSPECTIVE COMMOHEDGE 10} »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131182/5971726

この記事へのトラックバック一覧です: チェリストならば、ナヴァラ! {RETROSPECTIVE COMMOHEDGE 9} :

« ハイドン三体: こうも描ける、ああも描ける | トップページ | ボストン・レッドソックス対セントルイス・カーディナルス {RETROSPECTIVE COMMOHEDGE 10} »