« アンパンマンあんぱん | トップページ | 「へのへのもへじ」は世界を結ぶ »

2005年9月24日 (土)

合唱劇「カネト」をうたう合唱団

 きのうの秋分の日、大学卒業以来20数年ぶりに、グリークラブ時代の友人と再会した。中勘助について書いたときに話題にした美声の彼である。愛知県からその彼が久しぶりに上京して来るから会わないかと、グリーの別の友人から連絡を受け、ベースの同級生3人で会うことになったのだった。
 五十前後まで生きていると、誰にでも紆余曲折がある。ひとしきりお互いの身の上話をしたあと、彼がこの10年来関わっているという合唱団の話になった。それはグリーのような男声合唱とは異なり、物語にそって親子で歌うものだそうだ。名前は合唱劇「カネト」をうたう合唱団という。
 ホームページを見ると、「飯田線中部の前身「三信鉄道」の建設時に、測量技師・現場監督を務めた、アイヌの技術者「川村カネト(川村カ子ト)」氏の生涯を題材とした合唱劇です」との説明がある。
 こんなふうに地域の親子で活動している合唱団があることを知って少々驚いた。この合唱劇の作曲者藤村記一郎氏はアマチュアで、高校で数学の先生をされており、他にも氏の作品である「ぞうれっしゃがやってきた」をうたう合唱団もあるとのこと。
 子供たちにいろいろと東京の土産話をしてあげるのだ、という友人の話しぶりは楽しそうだった。汐留カレッタを見たいという彼の希望で、日テレプラザのタリーズコーヒーでお茶して、お開きに。新橋駅で、またの再会を約した。 コメントをどうぞ

追記: 「これ知ってる?」 と、最近出た「のだめカンタービレ」の第13巻を彼が取り出した。名前は知っていたけれど、読んだことはない。やっぱり読んでみようかな。

|

« アンパンマンあんぱん | トップページ | 「へのへのもへじ」は世界を結ぶ »

コメント

公演を合唱団の公式サイトご紹介ありがとうございました。
おかげで 公演は入場者数も内容も大成功でした。

さて 文中のお友達(合唱団の子ども達がいつもまわりに群がっています)から以前「僕の友達がこういう事をやっててねぇ」とモーツァルトの手書き文字のポストカードを見せて貰いました。
人名の文字だけで似顔絵を描いてしまうセンスと技術に驚きました。
いろいろ商品展開されているようですね。
子ども達がこういうものから 音楽家に興味持ってくれると面白いと思います。

投稿: もりしたや@カネト | 2008年6月26日 (木) 06時13分

もりしたや@カネトさん、はじめまして。ご成功おめでとうございます。

この記事を書いた後、三蔵師とは2006〜2008年のゴールデンウィークに東京のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンで3年続けて会って、いっしょにコンサートを聴くのが恒例のようになりました。

今月の上旬にも大役をはたしたようですね。三蔵師ともども、文字絵研究所をどうぞよろしくお願いします。

投稿: こもへじ | 2008年6月26日 (木) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131182/6092060

この記事へのトラックバック一覧です: 合唱劇「カネト」をうたう合唱団:

« アンパンマンあんぱん | トップページ | 「へのへのもへじ」は世界を結ぶ »