« のだめカンタービレ 第9巻〜第13巻 | トップページ | ゲオルク・ショルティ/シカゴ交響楽団のマーラー {RETROSPECTIVE COMMOHEDGE 12} »

2005年9月30日 (金)

アラン・ロンバール/ストラスブール・フィルハーモニー管弦楽団 {RETROSPECTIVE COMMOHEDGE 11}

 アラン・ロンバール/ストラスブール・フィルハーモニー管弦楽団の初来日演奏会を日比谷公会堂で聴いたのは、この来日オーケストラ公演一覧によると1976年5月15日のようだ。曲目は、ベルリオーズのロミオとジュリエットからの抜粋とブラームスの交響曲第4番であった。
 この演奏会には、確かチケットがあまっているから行かないかとグリーの先輩から誘われて行ったのだった。フランスで3番目くらいにうまいオケと聞いていた(事実だったかどうかは知らない)。ベルリオーズの「ロミオとジュリエット」からの抜粋については、印象に残っていない。交響曲第4番については、軽めの、明るめのブラームスだったと記憶している。「ブラームスはお好き」とフランス人が誰かに聞くときには、あのようなブラームスをイメージしているのかもしれない。
 ロンバールの指揮ぶりに聴衆は半ばあきれ、含み笑いさえかすかに漏れた。といっても、曲の最初だけだったが...。彼は、聴衆に向かって礼をしてから、まさしく振り返り様に指揮棒を振り下ろしたのだった。あれ以来、多くの指揮者をみているが、あんなにせっかちに曲を演奏し始めた指揮者は他に知らない。颯爽ともいえばいえたのだが、それにしてもあまりにも曲の開始が急すぎた。演奏が終わってからも、余韻を楽しむという感じではなく、スタスタと行ってしまった。それがいちばん印象に残っている。
 指揮者のアラン・ロンバールは、今もスイス・イタリア管弦楽団で活躍しているようで、ご同慶の至りである。先日の秋分の日にも、NHK FMのベスト・オブ・クラシックで、アスコーナ音楽週間2004の録音が放送されたとのこと。彼の今の指揮はどうなっているのかなあ......。
コメントをどうぞ

                   

|

« のだめカンタービレ 第9巻〜第13巻 | トップページ | ゲオルク・ショルティ/シカゴ交響楽団のマーラー {RETROSPECTIVE COMMOHEDGE 12} »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131182/6184804

この記事へのトラックバック一覧です: アラン・ロンバール/ストラスブール・フィルハーモニー管弦楽団 {RETROSPECTIVE COMMOHEDGE 11}:

« のだめカンタービレ 第9巻〜第13巻 | トップページ | ゲオルク・ショルティ/シカゴ交響楽団のマーラー {RETROSPECTIVE COMMOHEDGE 12} »