« 着色筆順によるパーツ復元クイズ :バッハ編 | トップページ | バッハのマタイ受難曲を歌わなかったことの解釈 »

2005年10月 8日 (土)

バッハのマタイ受難曲を歌わなかったこと

 時機を逃すと、いつかやろうと思っていたことをやらないままにしてまうことがある。根拠もなくいつかはできるだろうと思っていたことが、環境が変わり、自分の気持ちも変わり、いつの間にか関心の焦点でなくなってしまう。しかし、かなりたってから振り返ると、惜しいことをしたと思う。何かのきっかけがあれば、もうちょっとでできたはずなのに。
 私にとって、「マタイ受難曲」を歌うこと(もちろん、合唱団のベースの一員として)は、そんなことの1つだった。ヘルムート・リリングが来日してこの曲を指揮したときに聴きに行った。思えば、あのころがこの曲に最も気持ちが向かっていた時期だったのだろう。

 コメントをどうぞ

|

« 着色筆順によるパーツ復元クイズ :バッハ編 | トップページ | バッハのマタイ受難曲を歌わなかったことの解釈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131182/6341380

この記事へのトラックバック一覧です: バッハのマタイ受難曲を歌わなかったこと:

« 着色筆順によるパーツ復元クイズ :バッハ編 | トップページ | バッハのマタイ受難曲を歌わなかったことの解釈 »