« 俳優座の「ジュリアスシーザー」{RETROSPECTIVE COMMOHEDGE 15} | トップページ | 笑い転げることをめぐって I 子供のころの空白 »

2005年10月17日 (月)

大蔵流十ニ世茂山千五郎の「鎌腹」{RETROSPECTIVE COMMOHEDGE 16}

 私は狂言が好きで、狂言を見るために能楽堂に通っていたことがある。古文はなかなか読み進められないが、狂言の登場人物の言っていることはほとんど問題なく理解できる。そして、おもしろい。何百年も前の中世の庶民の気持ちが今の時代に生きている自分によくわかって思わず笑ってしまう、というのはけっこうすごいことだと思う。いずれにせよ、深読みせずに楽しく心から笑える時間がもてることは、貴重である。狂言もまた、日本が世界に誇るべき芸能の1つであることに間違いない(というより、これ以上笑える伝統演劇って、どこの国を探してもなかなかないのではないかな)。
 さて、本題に入りましょう。今まで、私がいちばん笑ってしまったのは、大蔵流十ニ世茂山千五郎の「鎌腹」であった。何の屈託もなく心から笑ってしまった。あんなに楽しく笑ったことは、今までの人生を振り返っても数回しかない。その数回中でも最も清々しかったのはこの時だった。それほど心地よさを感じたのは、屋外のさわやかな夜気に触れていたことにも大いに関係していた。芝の増上寺の薪能を見ていたのである。
 ところが、ここでちょっとしたミステリーが発生した。増上寺の薪能の歴史を見ても、千五郎さんの「鎌腹」が出ていないのである。う〜ん、としばらく考え込んでしまったが、説明の冒頭で、「昭和49年に大殿を復興し、......これを機に、能楽堂の歴史をもつ増上寺でたびたび薪能が演ぜられるようになった」とあるから、第1回の前に何回か、カウントされていない薪能が催されたのだろう。いろいろな状況を勘案してみると、私が増上寺で「鎌腹」を見たのは、昭和52年前後のころではないかと思われる。
 「鎌腹」というのは千五郎演じる怠け者の亭主に愛想を尽かした妻が、鎌で腹を切ると言う亭主の意気地のなさを最後には見抜いて、舞台の袖に亭主をわわしく追い立てて退場するというお話。登場のしかたからしてそうぞうしい狂言であったが、千五郎さんはとても楽しそうに演じていて、その楽しさがこちらに伝わって来た。最初から最後まで、笑いっぱなしに笑ってしまった。
 その後、千五郎さんは人間国宝となり、四世茂山千作を襲名して今でもご活躍中のようである。
 追記: ちなみに、その日演じられた能は「葵の上」でした。     コメントをどうぞ

|

« 俳優座の「ジュリアスシーザー」{RETROSPECTIVE COMMOHEDGE 15} | トップページ | 笑い転げることをめぐって I 子供のころの空白 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131182/6444016

この記事へのトラックバック一覧です: 大蔵流十ニ世茂山千五郎の「鎌腹」{RETROSPECTIVE COMMOHEDGE 16}:

« 俳優座の「ジュリアスシーザー」{RETROSPECTIVE COMMOHEDGE 15} | トップページ | 笑い転げることをめぐって I 子供のころの空白 »