« 文字絵のカード、差し上げます | トップページ | 神童のカード »

2006年5月 4日 (木)

ラ・フォル初日のピアノ三重奏曲

2006_2

 B7ホールのモーツァルト: ピアノ三重奏曲第5番とハイドン: ピアノ三重奏曲第39番「ハンガリー風」を聴いてきました。ピアノ三重奏曲というと、ベートーベンの曲を何曲か(「大公」とか「幽霊」とか)聴いたことがあるくらいで、ほとんど他の作曲家の曲は知りませんでしたが、今回ベートーベンの先輩にあたる二人の曲を聴くことができました。
 プログラムによると、モーツァルトのピアノ三重奏曲第5番は、1788年6月、三大交響曲の最初の曲である第39番を作曲する4日前に完成したとのことです。「冒頭の和音から充実している。3楽器同士の対話もさらに発展」とあります。でも、演奏の具合もあったのかもしれませんが、今一つはっきりしない曲という印象でした。席がステージから遠くて、音があまり響いて来なかったことも影響しているのかもしれません(22列まであるうちの19列目)。それと、これで「3楽器同士の対話もさらに発展」といっても、例えば「大公」と比べてしまうと、おおむねピアノが主役で、バイオリンが次に目立ち、チェロは完全に脇役ではないかと思いました。チェロのロラン・ピドゥはアンドレ・ナヴァラに師事した人とのことだったので期待していたのですが、目立たなくて残念でした。
 次のハイドンは、最初の曲よりも演奏がよかったようです。室内楽のコンサートではけっこうあることですが、2曲めになって演奏者の堅さがとれてきたように思いました。ハイドンの曲自体、楽しい曲でした。特に、プログラムにある通り、活きのよいリズムやアクセントを効かせて長調と短調を入れ替えながら進む「ハンガリー風ロンド」の第3楽章は、楽しめました。ハイドンはハンガリーに縁の深い人ですから、ハンガリー風の緩急自在な曲が得意なのかもしれません。
 アンコールがありました。チェロのロラン・ピドゥがぼそぼそとしゃべって曲名を紹介したのですが、よく聞き取れませんでした。K548のピアノ三重奏曲の第3楽章だったようです(間違っていたら、ごめんなさい)。この演奏は生き生きしていました。三人とも尻上がりに調子が良くなったようです。ちなみに、ピアノはレジス・パスキエ、バイオリンはジャン=クロード・ペネティエでした。みんなかなりのおっさんでした(遠くからはそう見えました。失礼m(_ _)m)。
 写真を少しとってきました。チケットボックスの側面の大きなポスターと、その少し先のイタリアンチーズ(30Kgのチーズをくりぬくそうです)と、試作したTシャツです。
 去年文字絵のワークショップを開いたA展示室は、ベートーベン市場からモーツァルト市場へと衣替えされており、ほぼ全面的にグッズ売場になっていました。ワークショップを設営したAホールへの通路側には何もなくて、ポスターが並べて貼ってあるだけのスペースになっていました。今年はモーツァルトの年齢ごとの顔ハメパネルとかワークシートとかを考えていたので、少々さびしいデス(「のだめ」の14巻、まだかな?)。

_

Photo

|

« 文字絵のカード、差し上げます | トップページ | 神童のカード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131182/9887984

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・フォル初日のピアノ三重奏曲:

» 『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン』ライブレポート [いろいろ撮っちゃうよー]
クラシックってなんであんなに顔見せ多いのだろう。            おかげで [続きを読む]

受信: 2006年5月 4日 (木) 04時16分

» 今年はモーツァルトで!ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン [日日是好日〜つれづれ日記〜]
待ちに待った、音楽の祭典、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2006〜モーツァルトと仲間たち〜の初日(5/3)、一気にまとめて5公演、聴いてきました! 昨年のベートーヴェンは、一日で交響曲ばかり4公演でしたが(内容はコチラ)、今回は初日で午後からの公演、バラエティに色々、会場もA,B,Cホールを行ったり来たりで、走って移動したり(苦笑)結構キツキツなタイムスケジュール!!それでも、どの公演も素晴らしく、も〜〜幸せな気分でいっぱい、大満足... [続きを読む]

受信: 2006年5月 5日 (金) 14時46分

» 『熱狂の日』音楽祭2006 [まぁ、お茶でも]
『ラ・フォルジュルネ・オ・ジャポン』 モーツァルトと仲間たち 2006年5月3日(木)~5月6日(土)東京国際フォーラム 昨年は、ベートーベンでした [続きを読む]

受信: 2006年5月 7日 (日) 05時57分

» 「熱狂の日」音楽祭2006その1♪ [ラスタ・パスタのレレ日記]
モーツァルト生誕250祝年に、史上空前の音楽祭。モーツアルト三昧の一日。東京国際フォーラムに行ってきました。「熱狂の日」音楽祭は、「フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」といって、もともとフランスの北西部のナントで1995年に誕生したクラシック音楽祭。クラシック音...... [続きを読む]

受信: 2006年5月 8日 (月) 18時14分

» 「熱狂の日」音楽祭2006その2 [ラスタ・パスタのレレ日記]
その1から続く午後6:30東京藝術大学有志木管アンサンブルモーツァルト:協奏交響曲変ホ長調 K.364これは四重奏プラス オーケストラの曲を、9重奏に編曲したものだそうだ。当時は、オーケストラのような大人数が入れない室内で演奏するため、このような9重奏への編曲...... [続きを読む]

受信: 2006年5月 8日 (月) 18時14分

« 文字絵のカード、差し上げます | トップページ | 神童のカード »