« トリケラトプスのワークシート | トップページ | 再び『銀の匙』、そして「癒しの文字絵」 »

2006年8月31日 (木)

アハ・センテンスとアイリッシュ・ブル

 「きょう欠席している人は挙手してください」のように、文法的には正しいが論理的にはおかしい文を「アイリッシュ・ブル」(Irish bull)という。単に、ブルともいう。
彼は子供が生まれない家系の出身だ。」(いないはずの彼は誰?)
 他にもある(以下の2つは『ことばのおもしろ博学』1984年、永岡書店より)。
「同時に二カ所にはおれませんよ、鳥じゃないんだから」
(アリバイがあると言いたい犯人。しかし、鳥だって同時に二カ所にはいられない)
ロンドン郊外の墓碑銘
「ジョン・スミスの亡骸ここに眠る
彼 海に出て遭難し 帰ることなかりき」(すると、ここにあるのは誰の骨?)
 さらに、Wikipedia の例では、
"Always go to other people's funerals, otherwise they won't come to yours." - Yogi Berra, baseball player (1925- )
葬式には顔出しときな、じゃないとお前ん時にゃ誰も来てくんないぜ。
 ブルとは、要するに以上のように矛盾したとんちんかんな言い草である。無手勝流というか、とても勝手な言い分ながら、ブルには妙に説得力があったりする。言っている本人が自分の発言にまったく疑問を感じていないから、その勢いにつられてしまったり、ペースにはまってしまうということだろう。ブルを笑い飛ばすには、どこから飛んでくるかわからないボールを、さっとかわすフットワーク(もちろん、メンタルな意味での)が必要かもしれない。
 さて、ここからが「アハ・センテンス」(Aha sentence)の話となる。初めてアハ・センテンスというのを聞いたとき、アイリッシュ・ブルを連想した。ともに内容が矛盾しているように思える点で似ているように感じたのだと思う。しかし、上で説明した通り、アイリッシュ・ブルは本当に矛盾しているが、それに対してアハ・センテンスは、キーワードを与えられるとコンテクストが一気に理解できて、矛盾が解消し、腑に落ちる。そうして一瞬で答えがわかるときにひらめきが生まれ、脳が活性化するという。それはそれでいい。アハ・センテンスは確かに面白い。しかし、矛盾していそうな文章でもキーワードを考えることによって矛盾が解消します、だから答えを考えてくださいね、というように、型にはまったというか、ルールが決まっていて堅苦しいというか、そういうところがちょっと…、と感じないこともない。
 繰り返すけれど、アハ・センテンスは面白いと思う。だけどアイリッシュ・ブルだって面白いよ、ということを言いたかったのだ、たぶん私は。要するに、アハ・センテンスが注目を集めているから、アイリッシュ・ブルを判官びいきしているっていうことかもしれない。ブルは「むちゃくちゃでんがな」と馬鹿にできるところがいい。ただ、それは、ブルの矛盾がわかった場合のことである。実は、あまりおおっぴらには言えないのだが、私は自分が例えば4つあるブルのうちの3つくらいはわからない人間じゃないだろうか、と秘かに不安を感じていたりする。もしそうなら、私自体がアイリッシュ・ブル的頭脳構造をもつ存在かもしれない。そのくせ、面白いアイリッシュ・ブルの一つさえ吐くことができない。おお、何たる不条理な存在だろう私は! (「おい、お前、ブルってるな」なんて言わないでね!)
 おやじギャグで締めるのはさすがに気が引ける。で、最後にまじめな(?)お勧めであるが、面白い上等なブルを一つでも二つでも考えてみませんか。けっこう難しいですよ^^;)。

|

« トリケラトプスのワークシート | トップページ | 再び『銀の匙』、そして「癒しの文字絵」 »

コメント

「アイリッシュ・ブル」というコトバを知りませんでしたので…

何だかとても気になって「クオリア日記」からお邪魔いたしました。

「手描き絵文字」ってとってもおしゃれで、素敵ですね!!

線の強弱や質感であらわされたものと
その作曲家のイメージと音楽までもが、響きあって
耳元や目の前に流れているように
私には、感じられます…

絵を見ただけで、
音や何かが立ち上がってきてしまうように感じることのある私は、
もしかしたらチョッと変わっているのかもしれませんね…

投稿: TOMOはは | 2006年9月 4日 (月) 10時26分

 TOMOははさん、ようこそいらっしゃいました。アイリッシュ・ブルは、とんちんかんなところが安心できて、好きです。
 手描き文字絵をほめていただき、ありがとうございます。絵を見ただけで音や何かが立ち上がってきてしまうように感じるとは、うらやましいですね。
 今、塗り絵がブームですよね。文字絵も線の色や色を塗る作業をいろいろ体系化して、子供からおとなまで、多くの方に楽しめるようにできたらいいなと思っています。どうぞ、またお越しください。
 

投稿: こもへじ | 2006年9月 4日 (月) 14時59分

お返事いただいて、うれしいです!

カラーのもつ不思議、音が眼に見えたら…
なんて夢みたいなことを、想ってしまうのは
やっぱりちょっと、どこか飛んでるのかもしれません…

ギャップイヤーについての記事にも
何か気になるものが、あります~

投稿: TOMOはは | 2006年9月14日 (木) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131182/11708931

この記事へのトラックバック一覧です: アハ・センテンスとアイリッシュ・ブル:

« トリケラトプスのワークシート | トップページ | 再び『銀の匙』、そして「癒しの文字絵」 »