« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月27日 (金)

文字・活字の日

 今日は、読書週間の初日、そして「文字・活字の日」。「文字・活字の日」は、昨年制定された「文字・活字文化振興法」で設けられた。文字絵研究所の創立記念日も10月27日。ただし、2年前に設立したからこちらが先輩だ......。いばっていてもしかたがないので、この法律の条文で気になる(というのは、気に入ったという意味なのだけれど...)個所を下に引用してみる。

●文字・活字文化振興法
(平成十七年七月二十九日法律第九十一号)

(目的)
第一条  この法律は、文字・活字文化が、人類が長い歴史の中で蓄積してきた知識及び知恵の継承及び向上、豊かな人間性の涵養並びに健全な民主主義の発達に欠くことのできないものであることにかんがみ、文字・活字文化の振興に関する基本理念を定め、並びに国及び地方公共団体の責務を明らかにするとともに、文字・活字文化の振興に関する必要な事項を定めることにより、
我が国における文字・活字文化の振興に関する施策の総合的な推進を図り、もって知的で心豊かな国民生活及び活力ある社会の実現に寄与することを目的とする。

(定義)
第二条  この法律において「文字・活字文化」とは、活字その他の
文字を用いて表現されたもの(以下この条において「文章」という。)を読み、及び書くことを中心として行われる精神的な活動、出版活動その他の文章を人に提供するための活動並びに出版物その他のこれらの活動の文化的所産をいう。

(基本理念)
第三条  文字・活字文化の振興に関する施策の推進は、すべての国民が、その自主性を尊重されつつ、生涯にわたり、地域、学校、家庭その他の様々な場において、居住する地域、身体的な条件その他の要因にかかわらず、等しく豊かな文字・活字文化の恵沢を享受できる環境を整備することを旨として、行われなければならない。
2  文字・活字文化の振興に当たっては、国語が日本文化の基盤であることに十分配慮されなければならない。
3  学校教育においては、すべての国民が文字・活字文化の恵沢を享受することができるようにするため、その教育の課程の全体を通じて、読む力及び書く力並びにこれらの力を基礎とする言語に関する能力(以下「言語力」という。)の涵養に十分配慮されなければならない。

(文字・活字文化の国際交流)
第九条  国は、
できる限り多様な国の文字・活字文化が国民に提供されるようにするとともに我が国の文字・活字文化の海外への発信を促進するため、我が国においてその文化が広く知られていない外国の出版物の日本語への翻訳の支援、日本語の出版物の外国語への翻訳の支援その他の文字・活字文化の国際交流を促進するために必要な施策を講ずるものとする。

(文字・活字文化の日)
第十一条  国民の間に広く文字・活字文化についての関心と理解を深めるようにするため、文字・活字文化の日を設ける。
2  
文字・活字文化の日は、十月二十七日とする。
3  国及び地方公共団体は、文字・活字文化の日には、その趣旨にふさわしい行事が実施されるよう努めるものとする。 (引用、終わり)

 文字絵研究所としては、第二条の文字を用いて表現されたものに、当然「文字絵」を含めて考えたい。京伝、北斎、広重、そして無名の作者たちによる文字絵の伝統をクリアに浮かび上がらせることを改めて目指したい。それと、驚くような傑作もつくらねばっ!  と思う。以上、文字・活字の日に当たっての所信表明でした!!!

 
p.s. ところで、第九条のできる限り多様な国の文字という文言の意味がよくわからない。単に「いろいろな国の」と言いたいのだろうか?  それなら、例えば、アルファベットも考慮に入れているということなのかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

オネゲルの交響的断章「ラグビー」の初演

 午後3時50分ごろ、車を運転していてたまたまNHKFMをかけたら、オネゲルの交響的断章「ラグビー」が始まるところだった。オケはチューリッヒトーンハレ管弦楽団で、指揮はデイヴィッド・ジンマンだったようだ。それが何と、(聞き間違えでなければ)「ラグビー」は、10月19日に初演されたのだと解説されていた。「むむっ、今日じゃないか」と思った。だだ、それだけの話ではある。   
 女性アナウンサーも今日初演されましたと言っていたわけではない。今日にあわせて選曲をしたというわけでもなさそうだ。というのは、「夏の牧歌」と「パシフィック231」を(小刻みに運転したり降りたりしながら)その直前に切れ切れに聴いていて、その後にたんたんと「ラグビー」が紹介されていただけだったからだ。
 交響曲第2番が好きなので、オネゲルと聞くと耳をそばだててしまう。まあ、オネゲルに関するトリビアだけでも興味はあるのだが、聴いたことがある曲がかかるとやはりうれしい。欲を言えば、ラジオのスイッチをひねったとたんに交響曲第2番の第3楽章あたりがかかるようだと、もっとうれしかった。でも、今日は10月19日、「ラグビー」初演の日ということで、「ラグビー」に花をもたせよう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

「のだめカンタービレ」見た?

 いよいよテレビで「のだめカンタービレ」が始まりました。てきぱきとしたテンポの良さはテレビならでは (というより演出がうまいのかな?)。これが提示部だとするなら、上出来だと思う。「気ままに気まぐれに歌うように」この調子で一気に最後まで突っ走ってほしい。
 のだめの上野樹里さんはファッションも原作に忠実で、かなり雰囲気が出ていた。シュトレーゼマンの竹中直人については、やっぱり竹中さんですね、という感じ。「スイングガールズ」でこの二人は共演したと聞いた。
 欲を言えば千秋君には天才のオーラを期待したい。回が進めば印象が変わるかもしれないけれど……。多賀谷彩子は気が強くてきつい感じがうまく出ていた。最初から一気に破局ですか、という気もしたが。
 理事長の秋吉久美子さんは相変わらず美しい。峰君も悪くないと思うけど、真澄ちゃんが雰囲気出てると思った。三木清良が桃ヶ丘音楽大学の学生としてもう出てきてしまったのには、ちょっとびっくり。セイラとなっていたけれど、マンガでは「きよら」だったと思う。
 特筆すべきは、子役の白目。怖かった。この子は英語もうまかった。次回以降もまた出るのだろうか。
 何はともあれ、テレビドラマ化、おめでとう♪

 p.s. ピアノソナタ「清掃」が聴けなかったのは、少し残念だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

文字絵の「なつかしさ」

 見たことがないのに、目にするとなつかしいと感ずるもの…、それは文字絵。ココログで「へのへのもへじ」を検索してかわいい文字絵を見つけ、そんなことを考えた。モーツァルトや作曲家たちを初めて見たテレビ埼玉のコメンテーターからも、「なつかしい」とのコメントをいただいた。感情を司るという大脳辺縁系に関係しているのだろうか…。とりあえずそれはさておき、なつかしいと感ずる理由を考えてみた。
 それはたぶん、子供の時に感じた全能感を思い出すからではないだろうか。字をかけるようになることはうれしい。絵を描くことは楽しい。自分が線を引いて絵が描けるという感覚。しかし、字と絵は本来異なるジャンルに属していて、遊びであるということは子供心にもあまりにも明らかだ。だからこそ、その遊びのなかで自分が創造主となって、世界を作り上げているという満足感。つまり、文字絵はそのような子供時代の全能感の心地よさをなつかしく呼び覚ましてくれる。
 散文的な仮説だが、そんなところかもしれない。小学校唱歌のようななつかしさに少し近いかもしれないけれど、管理されていないという点では文字絵は大いに違う。例えば、歩道に蝋石で落書きするのは、管理を離れた開放感がある。だから、おなじ「なつかしさ」といっても、文字絵には「えへっ」とか「フフッ」とかいういたずらを見つけられたような、それで肩をすくめたような、何というかちょっと照れくさいところがある。文字絵を描いている時、人は心理的に自分に正直に、そして無防備になって、絵を描く楽しみに没頭する。要するに、無邪気な楽しみにふける。自分にも無邪気に楽しめたころはあった。日本人の多くがそのように感ずるのではないだろうか。

100

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »