« '07 COM ART+!!のご報告 | トップページ | つるマムシ入道 »

2007年11月14日 (水)

埼玉古墳群を見学して来ました

 今日は「埼玉県民の日」で、埼玉という県名の由来となっている埼玉(さきたま)古墳群のガイドツアーに参加して来ました。この古墳群の一角にある埼玉県立さきたま史跡の博物館の主催でした。ここの稲荷山古墳からは、辛亥の年(471年説が有力)に制作されたとされる国宝金錯銘鉄剣が出土しています。

 この鉄剣は表に57字、裏に58字、計115字の漢字が金で象嵌されています。我が国の古代国家の成立を解く上でたいへん貴重な資料とのことです。乎獲居(をわけ)という人を含めて、その乎獲居から遡ること8代にわたる一族がヤマトの大王家に世々仕えてきたことを記念して剣を作った旨が書かれているそうです。

 数年前に来たことがあるのでこの剣を見るのは2回めですが、稚拙なようでいてまねができないような、不思議な書体だなぁと思います。1500年以上前の文字は、酸化しないように二重のガラスケースに囲まれ、窒素ガスに守られて、今日も金色に輝いていました。

Photo

さきたま古墳公園の案内図です。
Photo_2












稲荷山古墳の全景です。日本最大の円墳である丸墓山古墳の頂上から写しました。
ちなみに、ここ(丸墓山古墳の頂上)には戦国時代に石田三成が陣取ったことがあるそうです。確かに、見晴らしはよかったです。

Photo_3

こちらは同じく丸墓山古墳から写した将軍山古墳です。ここには展示館があり、被葬者のようすが再現されています。円筒埴輪と朝顔形埴輪が墳丘や堤の部分に並べられています(下の写真)。

Photo_4

 今日はよい天気でした。いにしえの武蔵の国がしのばれました。

|

« '07 COM ART+!!のご報告 | トップページ | つるマムシ入道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131182/17074196

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉古墳群を見学して来ました:

« '07 COM ART+!!のご報告 | トップページ | つるマムシ入道 »