« ハッピバースデイ、シューベルト! 誕生日、おめでとう。 | トップページ | 文字絵のトリビア(4) : ジョン・レノンの文字絵? “ O John ” »

2008年2月13日 (水)

文字絵のトリビア(2)補考: 近衛信尹と小野お通の「人丸」→ 図柄は同じ→お通が真似たのか?

 近衛信尹の「人丸」が今、Yahoo!オークションで、200万円で出ています(2月 15日 21時 47分までの予定)。
 商品紹介によると、「平成元年7月22日」付けの古筆学研究所による認定調書では、「人磨の顔(頭部)を除く姿体のすべてを文字様であらわしている。近衛信尹の奇知によって生まれた独自の描法である」とのことです。
 この記述が正しいとすると、先日ご紹介した小野お通の「人丸」は、近衛信尹の「人丸」を真似て描かれたということになります。
 ただ、可能性としては、近衛信尹が小野お通を真似たということもあり得ると思います。さらに言えば、二人で相談しながらこの「人丸」の図柄を考えた、ということもあるかもしれません。
 先日は、そんな可能性も考えて、「近衛信尹と小野お通の間に、何らかの交流があったのでは?」と書きました。
 いずれにせよ、「近衛信尹の自筆自画賛にまぎれなきものと認定」された「今日非常に貴重な品」が、例えば美術館のようなところへうまく収まってくれればいいなと思います。

 ちなみに、東京国立博物館には、近衛信尹の「人丸」と「天神」が収蔵されています。
 近衛信尹の「天神」は常設展示で何回か見たことがありますが、これは近衛信尹の文字絵としては、「人丸」よりも有名なのではないかと思います。
 一方、小野お通にも「天神」があるようです。1年半ほど前に東京国立博物館で、信尹の「人丸」とお通の「天神」(個人蔵)が並んで展示されていたようです(表の下から2番目と3番目)。惜しいものを見逃しました!!
 なぜ惜しかったかといえば、もしかしたら、信尹の「天神」とお通の「天神」の図柄も同じなのではないかという気がするからです。もし二人の「天神」の図柄が「人丸」の場合と同様に同じであれば、二人の交流あるいは影響関係に関して考える材料が出てくるかもしれません。

 最後に、古筆学研究所による「柿本人丸」の字の配置の鑑定に従って、この前のお通の文字絵の衣紋線を色分けしたものを示しておきます。では、また。

Photo

 

|

« ハッピバースデイ、シューベルト! 誕生日、おめでとう。 | トップページ | 文字絵のトリビア(4) : ジョン・レノンの文字絵? “ O John ” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131182/40113588

この記事へのトラックバック一覧です: 文字絵のトリビア(2)補考: 近衛信尹と小野お通の「人丸」→ 図柄は同じ→お通が真似たのか?:

« ハッピバースデイ、シューベルト! 誕生日、おめでとう。 | トップページ | 文字絵のトリビア(4) : ジョン・レノンの文字絵? “ O John ” »