« パレイドリア、あるいは変像(症) | トップページ | 「のだめカンタービレ 巴里編」<ノイタミナ> »

2008年10月 9日 (木)

「七瀬ふたたび」

 のだめカンタービレの巴里編は今日からだったかなと思い、「月刊テレビタロウ」をめくってみたら、新番組の「七瀬ふたたび」(NHK総合)が目にとまったので見てみた。
 筒井康隆の原作は1975年に刊行されたそうだ。すると、この傑作SFを読んだのは30年くらい前の大学時代だったことになる。
 「邂逅」という言葉をこの小説で知った。それは短編集とも呼ぶべきこの小説の最初の章のタイトルで、崖崩れに遭う列車で出会った3人の超能力者を描いていた。今回のドラマでは、第1話の最後の部分がそれに当たる。
 ただ、設定が原作とドラマではかなり変わっており、ドラマでは原作で感じられたある種の旅情というか、情緒というか、非日常性というか、とにかく何かが欠けていた。それが少し残念だった。
 とはいうものの、私はこの手のドラマが好きなので、忘れなければ来週も見てみようと思っている。

|

« パレイドリア、あるいは変像(症) | トップページ | 「のだめカンタービレ 巴里編」<ノイタミナ> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131182/42738021

この記事へのトラックバック一覧です: 「七瀬ふたたび」:

« パレイドリア、あるいは変像(症) | トップページ | 「のだめカンタービレ 巴里編」<ノイタミナ> »