« モーツァルトの絵描き歌・どどいつ風 : もっと愛して おいらをずっと... | トップページ | ベートーベン完全ふっか〜つっ!!! 祝生誕240年記念!!! ベートーベンの絵描き歌(傑作かも?) »

2010年12月 3日 (金)

マーラーの絵描き歌 : 「さすらう若人の歌」の第1曲 Wenn mein Schatz Hochzeit macht の表情記号による

 マーラーの歌曲集「さすらう若人の歌」は傑作!!  起承転結とも、交響曲や弦楽四重奏曲の4楽章構成とも、似ているようで違うみたいだが、とにかくまとまりがよい。テーマは失恋とあきらめと、そしてたぶんそこからの立ち直りということで、とてもわかりやすい。内容はロマン的だが、形式には古典的な均整すら感じられる。全4曲演奏しても20分足らずなのが、またよい。(最近は長いのは何事によらず苦手です。)
 昔、福永陽一郎編曲の男声合唱版を歌ったことがある。どの曲もすばらしいのだが、個人的には 第4曲のDie zwei blauen Augen (「恋人の青い瞳」)が白眉だと思う。  
 それと、演奏フィッシャー=ディスカウがよい。これまた昔、学生寮の隣人にLPを聴かせてもらったことがある。最近、ユーチューブやN響アワーでこの歌曲集の演奏を見たのだが、う〜ん、とうなってしまった(もちろん、感心したのではありませんよ、念のため)。
 とかなんとか、前置きが長くなっちゃったけれど、今日は
「さすらう若人の歌」の第1曲のWenn mein Schatz Hochzeit macht の表情記号による絵描き歌です。モルトモデラートで始まり、
リタルダンドで終わります。 自作を指揮するマーラー、という思い入れです。情感を込めて描いてみてくださいね!!!

10120310

 

|

« モーツァルトの絵描き歌・どどいつ風 : もっと愛して おいらをずっと... | トップページ | ベートーベン完全ふっか〜つっ!!! 祝生誕240年記念!!! ベートーベンの絵描き歌(傑作かも?) »