2006年6月23日 (金)

★リアルハイドンの描き方(絵描き歌)

 「ハイドンは、(1)鼻が高くて (2)あいそよく (3)やさしいうえに (4)大作曲家 (5)なのである」と唱えながら描いてみてください。
 日本語で口調がよいのは五七調あるいは七五調ですが、この例では、ハイドンから音を数え始めると「五七五七七五」となっています。実際に描き始めるのは2句目の七(「鼻が高くて」)からです。初句の「ハイドンは」で、誰の似顔絵なのかをイメージします。このときに、これからハイドンを描くぞ、と思い定めて勢いをつけるとよいでしょう。
 各句の最初の文字は、鼻、あ、や、大、な、です。それぞれの最初の音をローマ字で表記すると、ha、a 、ya、da、naとなります。さらに、それぞれの1字めのアルファベットをつなげるとhaydn、すなわち、ハイドンのアルファベットつづりとなります。これは折り句という和歌の技法に近いのですが、五十音をさらにローマ字表記に分解して、その最初のアルファベットを採る、という点が違います。このような少し回りくどい縁故の設定のしかたを「ローマ字折り句」と呼んでおきます(ちょっと理屈っぽくなっちゃいましたね)。
 Haydnの文字絵も「ローマ字折り句」も、ハイドンをちょっと理想化しすぎているかな、とも思います。でも、ハイドンは日本ではあまり人気がなさそうなので(「音楽之友」2006年7月号の人気作曲家のアンケートでは、20位以内に入っていません)、判官びいきをしちゃいます。では、また!

Haydn0623_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 2日 (日)

「ほんの ちょっと クラシック気分」にリンクを張らせていただきました

 きのう、ぶるうらぐうんさんの運営されている「ほんの ちょっと クラシック気分」というサイトを見つけました。♪クラシックの部屋♪映画とクラシック音楽♪クラシック情報掲示板♪お喋り掲示板、そのほか、メニューは多彩です。とりわけ、「クラシックへの扉」の中の「クラシックという音楽」という文章を読んで、共感いたしました。自分もそんなふうにしてFM放送でクラシック音楽を聴き始めたからです。少し長くなりますが、その一部を引用させていただきます。

「クラシック音楽」に入り込むには、まず1曲! 何でもいいです。映画で、テレビのCMで、耳にした楽曲、誰もが知っている「ベートーヴェンの交響曲第五番「運命」」でもかまいません。とりあえずCDを1枚買って何回も何回も繰り返し聴く!
私もそうでした。ショパンなどのピアノ独奏曲などはイージーリスニング的に聴けて、わりと馴染みやすかったのですが、「交響曲」となるとそういはいきません。まず、「さー聴くぞ!」と心構えが必要になります。それ程奥が深い音楽なのです。
4、5回目ぐらいからなんとな〜く、ぼんやりと全体像が見え始め、少しずつ少しずつ、その曲が持つ特徴といいますか、旋律、音楽の流れ、それぞれの楽器の重なりが記憶として頭に残り始めます。それからなのです! それからやっとその楽曲を楽しむ事ができるのです。

 私の場合は、NHK FM や FM 東京のクラシック番組をカセットテープに録音して繰り返し聴いていました。大学に入学する前は、特にクラシック音楽に興味をもっていたわけではなかったのですが、ひょんなことからグリークラブに入ることになり、先輩からクラシック音楽を聴くことを勧められました。
 最初のころに聴いたのは、「未完成」と「ジュピター」とチャイコフスキーの交響曲第5番
ベートーヴェンのロマンス(ト長調とヘ長調)などでした。気に入った旋律を何度も巻き戻して聴き返しました(今は昔、CDもないころの話です)。
 何よりも、クラシック音楽を「
もっと気楽に親しんでみませんか?」というぶるうらぐうんさんのメッセージがサイト全体から感じられます。それは、私が日頃感じていることと近いと思いました。そこで相互リンクをお願いしましたところ、快くお引き受けいただきました。そんなわけで、きょう「ほんの ちょっと クラシック気分」のサイトにリンクを張らせていただきました。クラシック音楽を大切にしたいという気持ちが伝わってくる素敵なサイトです。ぜひ一度訪ねてみてください。
 コメントをどうぞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月23日 (金)

アンパンマンあんぱん

 汐留・日テレプラザ『アンパンマンテラス』の前にアンパンマンあんぱんの車(名前があるのかもしれない)が止まっていた。その車にアンパンマンの「スペシャルセット」が外から見えるようにディスプレイされていた。
 6個のセットになっていて、内容は、あんぱんまん(あんぱん)、ばいきんまん(チョコパン)、メロンパンナ(メロンパン)、ドキンちゃん(イチゴジャムパン)、カレーパンマン(カレーパン)、しょくぱんまん(フレンチトースト風)だそうだ。
 
ドキンちゃんがイチゴジャムパンなのには、何かいわれがあるのだろうか?    それはさておき、これは人気があるだろうなと思った。キャラクターの魅力は、やはりすごい。夜も遅くて閉まっていたので買えなかったが,私も欲しくなった。パンを同じ材料で作るにしても、うれしいし、楽しい。こんなところにも生きている喜びは感じられるものだ。  コメントをどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)