2006年11月 1日 (水)

ベートーベンの出発 (前編)

 読書週間なので、本を読んでいる。そのうちの1冊が『天才音楽家たちの友情記念帳』(2002年,伊東辰彦著, 講談社選書メチエ)だ。これは、ドイツで社交上の慣習として残された「友情記念帳」(シュタムブッフStammbuch)の記録に注目して大作曲家たちの素顔を探ろうという趣旨の本である。作曲家たちが書いた記帳の内容を読み解こうという試みだ。
 ウィーン古典派のころのドイツ語圏に「友情記念帳」の伝統があったという。実際、この伝統は16世紀半ばから20世紀半ばまで盛んだったそうだ。一般的にも注目されて来なかったとのことで、ドイツでも学問的対象とされ始めたのは1970年代くらいかららしい。とても刺激的な本だ。読めば読むほどCURIOUSER and curiouser! という感じである。(以下、明日に続く...)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月27日 (金)

Conglatulations! Mozart's 250th Anniversary



mozart012706

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月18日 (金)

「ラ・フォル・ジュルネ」は「フィガロ」から

 ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)というのは、モーツァルトと縁が深いそうです。「熱狂の日」音楽祭のアーティスティック・ディレクターのルネ・マルタン氏から、「熱狂の日」フレンズの皆様へ 、ということで届いた今日付けのメールマガジンを友人が転送してくれました。下にその部分を引用します。

 実はこの音楽祭のタイトル「熱狂の日(ラ・フォル・ジュルネ)」自体が モーツァルトととても縁が深いのです。 「熱狂の日」というタイトルは、モーツァルトのオペラ「フィガロの結婚」の 元になったボーマルシェの演劇作品の副題にインスピレーションを受けたもの なのです。 そのタイトルは、「熱狂の日(ラ・フォル・ジュルネ)、あるいはフィガロの結婚」。 この戯曲は1784年に発表されたのですが、まさに当時の価値観を覆す革命的な もので、フランス革命の契機になったとも言われています。(引用終わり)

 マルタン氏はまた、「クラシック音楽を一部のエリートのためだけの狭い枠から解き 放ち民主化するという、この音楽祭の目的」とも書いておられます。
 ところで、来年も今年以上に盛大な音楽祭になりそうです。再び引用します。

 参加アーティストはヨーロッパから600人、日本とアジア(韓国・中国・ フィリピン)から1,200人、コンサート数は135を予定しています。 そのうち60%程度がモーツァルトの作品、残りはモーツァルトの人生に深く 関わった作曲家の作品を選定する予定です。 (引用終わり)

 楽しみですね。ところで、このメールマガジンは、東京国際フォーラムのサイトから「熱狂の日」フレンズに登録すると配信されます。私もさっそく、登録します。では、また。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月30日 (日)

モーツァルトの横顔のリアル化

 昨日に引き続き、モーツァルトです。左のサイドバーのいちばん上にご紹介ずみの横顔を、少しリアル化しました。

 コメントをどうぞ

mozart091305

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月29日 (土)

モーツァルトのオペラ「ドン・ジョヴァンニ」初演される

 人と土地の関係をたまに考える。ある土地に生まれ、別な土地で成長し、また別な所で働いて、老いてゆく。今では日本でもそれが普通かもしれない。人の移動の激しいこの世界では、どれくらいの人が生まれた家で死ぬことができるのだろう。
 ところで、生まれてから死ぬまでいろいろな土地と関わる中で、誰にも相性が良い土地というものができてくるのかもしれない。モーツァルトにとってそれはプラハだったようである。
「フィガロの結婚」が大ヒットし、交響曲38番「ドン・ジョヴァンニ」が初演された街、プラハ。ここは、ウィーンとともに、ぜひ一度訪ねてみたいと思う。
 さて、ここで彼が指揮して初演された「ドン・ジョヴァンニ」(K.527)は、1787年の今日、10月29日に、プラハの
スタヴォフスケー劇場で初演された。それを記念して、今日は正面を向いたモーツァルトの顔をアップします。

 コメントをどうぞ

mozart091305



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月28日 (金)

ヘンデルの顔とバッハの顔

 ヘンデルというと、まず恰幅のよさが思い浮かびます。二重あごに、重そうなカツラ。肖像画では、ボタンがきつそうで、パツパツしていますね。カツラはバッハのものより長く、肩までかかっています。
 ヘンデルの目は二重で大きく、まぶたが肉厚で、眉が太いのが特徴です。白目が目立ちます。これに対して、バッハも二重ではありますが、奥目がちで、白目があまり見えず、つぶらな瞳という感じです。ギリッとものを見据えたようなヘンデルのようすは、相撲の若貴兄弟でいうと貴に似ています。バッハはお兄ちゃん系かな。
   コメントをどうぞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月27日 (木)

トライアル・リアル Händel (横顔)

 今日は、ヘンデルの横顔です。ウムラウトはとりました。  
 コメントをどうぞ

10260

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月26日 (水)

トライアル・リアル Händel (正面顔)

 試みに、ヘンデルをリアル化してみました。  
 コメントをどうぞ 

102505

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月22日 (土)

第15回ショパンコンクール終わる

 1927年に第1回が開催され、第5回(1955年)以降は5年ごとに開催されているショパンコンクールが終わった。1975年第9回のクリスティアン・ツィンマーマン以来、30年ぶりにポーランドから優勝者が出た。ラファウ・ブレハッチである。1985年生まれの20歳とのこと。さて、1980年の第10回以降、6位以内に毎回日本人が入賞している。今回も第4位に関本昌平と山本貴志の2人が入賞した。
 5年に一度しか開かれないコンクールで上位入賞を果たすには、技術力もさることながら、よほどの精神力(そして、財力)も必要であろう。入賞を心から祝福し、今後の活躍を期待したい。また、選に漏れた参加者たちの前途に幸あらんことを祈る。
 コメントをどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月15日 (土)

リアル大 Bach (正面顔)の文字線

 傾けてみると、3字目と4字目のbとaは、意外なことに、ほとんど同じ形です。

10150

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧