2006年8月30日 (水)

トリケラトプスのワークシート

 小学1年生のころ、ひらがなを習ったとき、うすくグレーで書かれたひらがなをなぞったことはありますよね。そんな感じでなぞって練習するワークシートです。適当に何回かアルファベットをなぞってトリケラトプスを描いたら、あとは紙に自由に描いてみましょう。このワークシートは一種のお手本のようなものだけど、あなたのトリケラトプスには、きっとあなただけの筆跡が感じられるはず......。
 と(T)げじゃない!  り(ri)っぱな角で  ceratops と唱えながら描いてみてください。ceratops (ケラトプス)のところが少しいそがしいけれど、Tとriでゆっくりめに時間をかけてかっこいい角を描いた後に、一気にささっとやっつけよう!

0_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

ティラノ対トリケラ、宿命の対決

Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

Rushing Dinosaurs : 先には何がある ...?

Rushingdinosaur08260















文字絵研究所、だいじょうぶかなぁ〜。これからどうなるんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

日本の肉食恐竜 : フクイラプトル

 福井県には、県立の恐竜博物館があります。その福井県立恐竜博物館の沿革のページには、1989年以降の恐竜化石調査事業で、「恐竜の連続歩行の足跡化石や肉食恐竜のかぎづめが国内で初めて完全な形で発見され」たとあります。発掘されたかぎづめなどを基に、ある程度詳しく調べられている日本以外で発見された近縁の種の特徴を参考にしつつ復元されたのがフクイラプトルです。2005年に日本にやって来たティラノサウルスのSueほどのインパクトはありませんが、国産の恐竜ですから大いに応援したいと思います。
 Sueの場合は骨の所有権をめぐって裁判沙汰になったとのことです。福井県も発掘された化石を「貴重な恐竜資源」と捉え、「イメージアップ等に活用し国内外にアピールするため」に恐竜博物館を建設したそうです。ブランド化の波が化石にまで及んでいるということでしょうか。今年の4月から導入された地域団体商標 の発想に似ているような気がします。いずれにせよ、フクイラプトルの全身の化石や、さらにいろいろな恐竜の化石が見つかることを期待したいと思います^^。

08240

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

空のプテラノドン

 これもテレビ埼玉でちらっと映りました。プテラノドンです。でも、恐竜ではありません。翼竜です。分類が違って、翼竜は爬虫類の一種ではありますが、恐竜には入りません。最近は恐竜の子孫が鳥ということになっていますから、翼竜 → 鳥 という連想は、イメージとはうらはらに間違いということになります。ティラノサウルスの子供には羽毛が生えていた、なんて先日もNHKでやっていました。ティラノのほうが鳥に近いんですね。いやはや、長く生きていると子供のころ教わった常識が崩されてしまうことが多いです。それはともかく、恐竜学の最近の進展はすごいですね。恐竜博も幕張メッセの世界の巨大恐竜博2006ばかりでなく、大から小まで、同時並行的に日本各地で開催されているようです。

 この文字絵を描くのはそれほど難しくはありませんが、全体のバランスをうまくとるようにしましょう。どう描いたら翼がそれらしくなるか、いろいろ試してみてください。それと、絵描き歌の筆順は、Pteranodonのつづりとちょっと違って、Pternadoonとなっておりますので、ご注意ください。


Photo_4

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年8月 2日 (水)

のっそりトリケラトプス

 先日のテレビ埼玉の放送で恐竜のパネルが2枚、ちらっと映っていました。4種類いたのですが、今日はその中のトリケラトプスをご紹介します。名前は「3本のツノのある顔」という意味です。角竜(つのりゅう)の中でも最大の草食恐竜で、体長7〜10m、体重5〜7トンくらい、えりかざりもついていました。歌いながら描けるように、絵描き歌の楽譜も付けました。この文字絵は、かなり描きやすいと思います。どうぞ、描いてみてください。
 なぜいま恐竜なのか......?  とりあえず、夏休みは恐竜の季節ということで...... (^ ^;

分 類: 鳥盤目、角竜類
時 代: 中生代白亜紀後期
産 地: アメリカ、モンタナ州


080206_1

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年8月21日 (日)

どうなの? リトミック

 リトミックのasami先生には、ラ・フォル・ジュルネで「作曲家文字絵」にたいへん興味を持っていただきました。リトミックでは、絵描き歌も楽しむそうです。文字絵と絵かき歌って、親子なのか兄弟なのか、それともいとこなのか、とにかく近い関係であることは確かです。
 私こもへじも、先日プテラノドンとトリケラトプスの文字絵を作り、それに曲を付けました。「空のプテラノドン」と「のっそりトリケラトプス」という曲で、2曲とも20秒ちょっとです。それでいて、かなり様になった恐竜が描けます(正確には、プテラノドンは恐竜ではありませんが)。
 この恐竜文字絵については、折をみてまた触れたいと思います。ちなみに、他にティラノサウルスとフクイラプトル(福井県で発見され、全身骨格が復元された肉食恐竜)の文字絵が作ってあります。
 コメントをどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)