2006年9月30日 (土)

10月1日では遅すぎる

 10月1日では遅すぎるから、あと45分くらいで日付が変わる前に急いで書く。早川文庫から出たこの本の初版の発行年月日が1976年5月31日ということだから、読んだのももう30年近く前になるのだろう。ジャンル分けすれば、時間テーマのSFということになる。
 正確ではないかもしれないが、確か1967年の(架空の)現代音楽祭が出てきたりしたので記憶に残っている。主人公は音楽家で、その友人が数学者だったと思う。二人がトレーラーで旅するうちに時間の狭間に落ち込んで……というような話なのだ。世界各地に原因不明のさまざまな時代が同時並行的に存在してしまうという状態になる。
 SFとしても印象的だが、むしろ主人公の(ということは、たぶん定常宇宙論の提唱者である作者フレッド・ホイルの)音楽観が面白かった。現代音楽の行き詰まりをどうすべきかというような問題意識をこの主人公はもっていた。
 主人公はピアノの腕前もたいしたものである。本物のピアニストになるのがいかに大変かなどというトピックに絡めて、パーティーの座興でピアニストになり損ねた人物と腕比べをしたりするエピソードもあった。音楽の何たるかを感ずることのできる人物が主人公というわけだ。その彼が最後に迷い込んだ古代ギリシャ世界で、未来人と音楽で勝負する。彼は確か、バッハとベートーベンで勝負した。勝負をかけて弾いたのはハンマークラヴィーアだったような気がする。さて、その結果、未来人の娘からアーティストとして尊敬され、惚れられてしまうというようなロマンスもあった。
 確か主人公も友人も29歳だった。自分が読んだのがせいぜい二十歳過ぎだったと思う。自分の身と引き比べて、何か冒険のない人生を送っているなあ〜、などとため息をついたような気がする。作曲家はいいなあ、などと思ったりもしたと思う。ものを作ることにあこがれていたのだ。
 で、何が10月1日では遅すぎるのかというと、船に乗っていて、9月の終わりまでにはある地点を通っていないと、別の次元世界に遭遇することもなかった、というようなことだったと思う。
 要するに、このSFではクラシック音楽の魅力と時間とは何かという難問とロマンスと、そしてトレーラーでの旅とギリシャ世界と核戦争後の世界とが次から次へと出てきて、う〜ん、まいった。自分がこの世界に生きているって、どういう意味をもっているんだろうと考えたりもした。最近、復刊されたようなので、読んでみると面白いですよ……、と、日付が変わる前にアップできてよかった…^^。この話題は、10月1日では遅すぎた。

| | コメント (11) | トラックバック (0)